胃カメラ体験記
目次へ

  

喉に麻酔

  

名前を呼ばれたので部屋に入っていくと、先に喉の麻酔をすることに。

まずはコップに入った透明の液をわたされそれを飲みこみ、次に茶色の液をわたされ、それでガラガラとうがいをしました。茶色の液は苦かったです。

最後に喉の奥になにかスプレーのようなものをシュッと吹きかけられました。これが麻酔だったようで、あっという間に喉がしびれてきました。

麻酔がまわるまでもう一度待合室で待っていましたが、のどがしびれて力が入らずつばが飲み込めません。でも完全に感覚がなくなったわけじゃないので、大丈夫かな?と思いました。

次のページへ

仕事で戦意喪失

盲腸の手術

  

胃カメラ体験記